痛まない白髪染め・艶髪カラー/エイジレスカラーが自慢の美容室

Q&A

 そもそも、ノンシリコンシャンプーって何?

言葉のとおりシリコンが入っていないシャンプー。

シャンプー容器の裏の成分一覧に、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言葉がつく成分が入っていないものがノンシリコンシャンプー

シリコンとは、化学反応によって作られる完全人工物のこと

キューティクルに付着しコーティングする作用があるので、手触り良く艶を出すなどの効果がある。しかし髪をコートするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はなし。

IMG_0959 (361x640)
豊胸で使用するシリコンとは違います!(笑)

シャンプーに入っているシリコンは、化粧品にもよく使われているタイプのシリコンで、髪を洗うときに指通りを良くするもの。

シリコンは本当に体に悪いものなの?

シリコンの主な機能は、髪の毛の肌触りを良くし、光沢を出すこと

このシリコンは表面的な美しさを出す役割は果たしますが、髪の毛を中から補修したり、強くすることは出来ません。逆に毛根や毛穴がつまって、栄養分が行き渡らず、髪の毛が細く弱ってしまうこと

コーティング剤には天然成分から合成のものまでたくさん種類がありますが、その中のほんの1つが「シリコン」

スキンケアやヘアケアに広く使われている。

シリコンはその他の化粧品にも使用されている成分。「シリコンは悪!」というワケでは無い


コーティング剤が頭皮や髪への負担をかけていた

シャンプーは汚れを落とすのが一番大切な役割なのに、コーティング剤を入れたら頭皮や髪に良くない。という発想で、今「ノンシリコンシャンプー」が注目されている。

このシリコン成分に頼ったヘアケアを続けていると、髪の傷みを進行させてしまう

なんだか頭皮がベタつく''''」という人は、シリコンが毛穴をふさいでいるからかも。ノンシリコンシャンプーに変えてみたりするのも良い

髪にとって問題となっているのは「シリコン」ではなく、「コーティング剤」

コーティング剤が髪を包んでしまうから、髪が呼吸できなくなってダメージとなり、頭皮が皮膚呼吸できなくってトラブルの原因となっている

シリコン入りのシャンプーはパーマ剤やカラー剤が浸透しにくくなるので、パーマやカラーを長持ちさせたい人にはノンシリコンがオススメ

このシリコンを配合していないのがノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーと質の良いコンディショナーを併用することで、髪は本来の健康を取り戻します。

ノンシリコンシャンプーと謳っていて、確かにシャンプーにはシリコン剤が入っていないけれど、安価なラウリル系の合成界面活性剤が多く含まれ、コンディショナーやトリートメントにシリコンが上位表示されているものも多くあります。

値段が高いだけで普通のシャンプーと変わりませんのでご注意下さい。

画像の説明

 

シャンプーを選ぶ時の注意点

髪と頭皮に良いシャンプー

成分的にはアミノ酸系、ベタイン系など両性界面活性剤をつかったシャンプーがおすすめ(美容室で主に使用しているシャンプー)

例えば、ココイル加水分解コラーゲンKなど、○○ベタイン、ココアンホ○○、ココイル○○といったものです。
 

アミノ酸シャンプー
アミノ酸シャンプーは、主成分がアミノ酸系洗浄剤のシャンプーのことです。お肌と同じ弱酸性なので、顔が洗えるほど低刺激で頭皮にも優しく、髪や頭皮のうるおいを奪いません。
 

またカラーの持ちがよいというのも嬉しい特徴です。ただ強い洗浄成分が入っていないので、初めて使う場合には泡立ちが悪いと感じるようです。

ただ、ノンシリコンと謳っていてもシリコンと全く同じ機能を果たす数多くの化学物質が入っているものもあるので注意が必要!!''

メチコン]の成分(例:ジメチコン、アミノプロピルジメチコン、シクロメチコン、ジメチコンコポリオール、など)
シロキサン]の成分(例:シクロテトラシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、シクロペンタシロキサン、など)

※自宅のシャンプーの裏を見て下さい!!


「ラウリル」と「硫酸」がつく成分を避ければ、かなりの確率で髪や頭皮に良くないシャンプーを避けることができる

避けたい成分
ラウリル硫酸Na
ラウリル硫酸カリウム
ラウレス硫酸Na
ラウレス硫酸TEA

上記の成分は、それぞれ石油系合成界面活性剤のひとつで旧表示指定成分です。旧表示指定成分とは、 旧厚生省が定めたアレルギーや湿疹等の皮膚刺激をおこす恐れのある成分のことです。

洗浄力が強く、必要な油分までとってしまい、乾燥や髪のきしみの原因となってしまいます

まず「ラウリル」と「硫酸」がつく成分を避ければ、かなりの確率で髪や頭皮に良くないシャンプーを避けることができます。そしてラウレス系成分(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA)が成分表示の上のほうにあるものも避けたほうが無難です。

安価で大量生産に向いていることから、テレビCMをやってるような有名なシャンプーにはこれらの成分が配合されている場合が多いです。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーは、合成界面活性剤が入っていない石鹸成分だけでできているシャンプーです。もちろん石鹸シャンプーにも界面活性剤は入っていますが、合成シャンプーの合成界面活性剤とは大きく違うものです。

合成界面活性剤は非常に脱脂力が強いので、肌トラブルに原因になることはご存知でしょう。

界面活性剤も確かに洗浄力が非常に高く合成洗剤にも負けませんが、ある濃度以上に薄くなると急に洗浄力が無くなり、界面活性作用を失う特徴があるのです。

なので石鹸シャンプーは髪や地肌環境を損なわずに、髪自身がもつ自然治癒力で髪も健康になるのです。

ただ髪の汚れを落とすだけなので、洗い上がりの手触りが悪く、髪がきしんだようにも感じます。しかしシャンプーとは本来、髪の汚れを落とすものであり、うるおいや手触りはコンディショナーで補充すればいいのです。

※選ぶ時の注意点
ラウレス系成分(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA)が成分表示の上のほうにあるものも避けたほうが無難です。

洗い流さないトリートメント、スタイリング剤などノンシリコンでない場合が多い

シャンプーはノンシリコンでもコンディショナーがそうでない場合はノンシリコンシャンプーと質の良いコンディショナーを併用することで、髪は本来の健康を取り戻します。
※シャンプーはノンシリコンでもコンディショナーがそうでない場合は効果も薄くなるので注意

シリコン&ノンシリコンシャンプーのメリットの違い

シリコンシャンプーのメリット

  1. シャンプー中にキューティクルが壊れるのを防ぐ
  2. 毛髪同士の摩擦を減らす
  3. ドライヤーの熱から髪を守る
    4広がりやすい髪をしっかり守る


    ノンシリコンシャンプーのメリット
  1. 洗いあがりが軽やか
  2. サラサラヘアーになる
  3. 髪がペッタンコになりにくい
    4自然派コスメ好きには安心感がある

いかがでしたか?
髪や頭皮に優しいシャンプーは比較的価格が高いのが難点です。しかし髪は女性にとって大変大切なもの、そして頭皮は肌の一部です。スキンケアと同様に考えて、健康な髪と頭皮環境を維持するようにしたいですね。

肌の弱い人も安心!!当店のデリケート用シャンプー

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional